仮想と現実の融合によって実現する超スマート社会に向けて

 私たちの国日本は、平成7年より長期的な科学技術政策を具体化する目的で、科学技術の振興に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るための基本的な計画を行ってきました。それが科学技術基本計画です。この科学技術基本計画第5期の中で推奨された未来の社会がSociety 5.0で、産業創造と社会変革において提唱された超スマート社会のことを示しています。

 世界ではものづくりにIOTが活用される場合が増えてきていますが、わが国ではそれをものだけではなく社会の様々な場面にIOTを活かすことで、今までにない価値が次々に創造され、大きな社会変革を起こすことを期待しています。私たちは、超スマート社会の実現に向けて様々な活動をしてまいります。

Message

Event

2018年12月7日 ブロックチェーン座談会を、一橋大学一橋講堂で実施しました

Service

Society 5/0に向けた人財育成事業

ブロックチェーンシステム開発支援